Logistics Innovation 昭和物流は物流の未来を開きます。

会社概要 COMPANY PROFILE

取扱製品
<物流改善アイテム>
荷崩れ防止剤 ヴィナール®
紙袋・段ボールの荷崩れ防止にバツグン!接着・剥し作業が簡単です。コスト削減にも効果を発揮します。

 

滑り部材 スキッダー
クレーンを使用せずコンテナに搬入・搬出が可能。汎用的なコンテナで使用でき海上運賃のコストダウンが図れます。

会社概要

会社概要 (2014年6月25日現在)
社名 昭和物流株式会社
設立 昭和43年3月15日
所在地 神奈川県川崎市川崎区千鳥町3-2
代表者 代表取締役社長  鈴木 晴夫
資本金 50,000,000円
株式 1,000株
株主 丸全昭和運輸株式会社
昭和電工株式会社
主な業務 総合物流業務

PAGE TOP

主な取引先
  • 昭和電工株式会社
  • 昭光通商株式会社
  • 昭和電工建材株式会社
  • 昭和アルミニウム缶株式会社
  • エス・エス・アルミ株式会社
  • ユニオン昭和株式会社
  • 株式会社エス・ディ・エス・バイオテック
  • 丸全昭和運輸株式会社(日本ポリケム)
  • キャボットジャパン株式会社
  • キャボット・スペシャルティ・ケミカルズ・インク
  • キャボット・ノリット・ジャパン株式会社
  • グローバルアドバンストメタルジャパン株式会社
  • 山九株式会社(サンアロマー)
  • 旭化成ケミカルズ株式会社
  • 住友化学株式会社
  • 東洋スチレン株式会社
  • 株式会社神戸製鋼所
  • エムスケミー・ジャパン株式会社
  • 株式会社住友倉庫
  • ブリヂストン物流株式会社
  • ニチユ物流株式会社(日油)
  • 株式会社トヨタカ
  • 日本マタイ株式会社

PAGE TOP

沿革
昭和43年3月 昭和電工株式会社並びにグループ会社の関東地区物流業務を担当するために株式会社千鳥ターミナルとして、川崎市千鳥町に発足。
昭和43年12月 倉庫業営業開始
昭和46年10月 自動車運送取扱事業・営業開始
昭和55年2月 株式会社千鳥ターミナルが、昭和物流株式会社(昭和53年5月設立)を吸収合併。商号を株式会社千鳥ターミナルから、昭和物流株式会社に変更。
昭和電工株式会社並びにグループ会社の物流業務全般を行う物流元請け会社を指向して新発足。
昭和55年7月 内航船運送取扱業・営業開始
平成13年6月 昭和電工株式会社が昭和物流株式会社を合併。昭葉産業を母体として、新生昭和物流株式会社がスタート。
平成14年4月 丸全昭和運輸が昭和物流株式会社の株式の95%を取得して、新昭和物流株式会社がスタート。

PAGE TOP

グループ企業
<国内グループ企業>
  • 丸全茨城流通株式会社
  • 丸全九州運輸株式会社
  • 武州運輸倉庫株式会社
  • 丸昭自動車工業株式会社
  • 丸全川崎運輸株式会社
  • 丸相運輸株式会社
  • マルゼン・コープ株式会社
  • 丸全北関東流通株式会社
  • 丸全千葉流通株式会社
  • 丸全関西流通株式会社
  • 丸全中部流通株式会社
  • 丸全商事株式会社
  • 国際埠頭株式会社
  • 丸全トランスパック株式会社
  • 鹿島タンクターミナル株式会社
<海外グループ企業>
アメリカ Maruzen of America,Inc
台湾 丸全台昭股份有限公司
シンガポール 丸全昭和新加坡有限公司
中国 津日集装箱服務有限公司
徐州丸全外運有限公司
上海科鑑服装検験有限公司
丸全昭和(広州)物流有限公司
丸全昭和(香港)有限公司
重慶丸全浩航物流有限公司
タイ
  • United Thai Logistics Co.,Ltd
  • United Thai Warehouse Co.,Ltd
ベトナム
  • UNITHAI MARUZEN LOGISTICS (VIETNAM) CORP.
インドネシア
  • PT.MARUZEN SAMUDERA TAIHEIYO

PAGE TOP